小顔矯正で理想のフェイスラインへ【自然な小顔に仕上げてくれる】

サイトメニュー

適材適所な治療

女性

クリニックのルールに則る

小顔矯正には顔の形や原因別に手法が分けられています。皮膚を切開し手術を行なう方法から、出血のないプチ整形など様々です。分けられている手法には症状との相性があり、原因不明のままむやみに治療すると、効果が全く得られない可能性もあります。小顔矯正として知られている治療として、美容外科で行なっているのは骨削り、脂肪吸引、注射などがあります。骨削りは骨格そのものを小さくすることで小顔に仕上げる方法で骨が原因でないと効果を表しません。脂肪吸引は顔についた余分な脂肪を取り除くことで小さくする方法なので、脂肪がついていない人にとっては意味をなさない治療方法です。注射治療はボトックス注射やヒアルロン酸注射が挙げられますが、ボトックス注射は筋肉を小さくする目的でしようするもので、ヒアルロン酸注射は輪郭の形を変えて小顔に「見せる」方法です。これらの使い分けをうまくしないと治療をしても効果が得られないので、悩みの根源がわかるまでは医師とのカウンセリングが治療の主体となります。小顔矯正を受けるときのマナーとして、施術してもらうクリニックの注意事項に従うようにしましょう。例えばメイクをしたままでは受けることができない小顔矯正コースならば、ノーメイクで来院するか、せめてメイクを落とせるアイテムを持っていくようにしましょう。今ではメイクをしたままでも受けられる場合もありますが、ネットなどで申し込むときは注意事項を読むようにしましょう。また、治療後の注意点に関してもきちんと守るようにしましょう。説明書や同意書を受け取っている場合は、きちんと目を通し、理解しておくことが大切です。よくトラブルとして挙げられるのが、「想像と違う」といった不満からくるクレームです。当初の説明と違うことをされたのであればクリニック側に否がありますが、きちんと説明を受け、書類にもサインしていた場合は患者側の否も問われます。患者の確認不足によるクレームはクリニックでも対処しがたいものですので、説明をきちんと聞いて理解することと、注意事項や書類には必ず目を通すことは最低限のマナーとして頭に入れておきましょう。

Copyright© 2018 小顔矯正で理想のフェイスラインへ【自然な小顔に仕上げてくれる】 All Rights Reserved.